横浜トリエンナーレ再び


昨日は以前トリエンナーレで行けなかった2ヶ所の展示場見てきました。横浜美術館は徐々に現代アートってこんなだったわって馴染んで行けたんですけど、赤レンガは最初から破壊力あるもの出されてちょっと心がくじけました。横浜美術館でたしか養老先生がアートは考えるな!感じろ!みたいなことおっしゃってて、そうだよな!って納得したはずなのに;_;…インドで悟り開くスタートでした。紹介映像でも見てた銅像と屈強な方々の作品おもしろかった!写真撮るの忘れたけど><見入っちゃった。

入場制限かかってるエリアあって、すごかった!これ全部絵で描かれてるんですよ。壁に描かれてるんじゃなくてキャンバス?なのかな?それに物1個1個別に描かれてて。友達が言ってたけど、ゲームで自分の部屋作ってる感じでした本当。

そして今回の展示作品で個人的に一番よかったもの!ラグナル・キャルタンソンさんという方の作品!人が多すぎてわかりやすい写真撮れなかったんですけど、等身大の人が映せるくらいのでかいモニターが9つかな?ありまして。最初そのエリアに入った時は9つのモニターにそれぞれ映ってる人がそれぞれ楽器を弾いて歌ってて、それが合わさってる音が全体に流れてる感じだったんですね。全然違う場所にいる人達で一つの音楽奏でる的な、そういう作品か~って感じだったんですよ。でも、見てたらモニターからどんどん人がいなくなっていって、音も全体にかかってたのが1ヶ所で鳴ってる感じがして、んで音の聞こえるモニター見たら別々の場所で歌ってた人が1ヶ所に集まってたんですよ。豪邸?の別々の場所で歌ってた人が1ヶ所に集まった感じで。最終的には豪邸出ていって終わりました。そのあと豪邸で撮ってたカメラを1つずつ消していくんです。それが最後なんですけど。いや~よかった。平日とか人があんまりいない時に最初から最後までぼけーっと見聞きしたかった。

あと、暗くなってギリギリで横浜開港記念館?行ったんですけど、入り口がそこ?!みたいなとこでまず驚き。開港記念館の地下って普段入れるのか知らないけど、配管むき出しの地下に入れるだけでおもしろかった!しかし暗くなって行っちゃったからか、もとからなのかとにかく中が暗かった^^;;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA